昨年のテーマは、頭の中の新作をどんどん発表!でしたが、
今年は、2つやりたいと思っていたことをどんどんやる!です。

1つは、『がま口バックのオーダーをお受けできるシステムを作る』。
もう1つは、『がま口財布のワークショップを定期的に開催する』です。

冬眠のあんまり制作のないこの時期に整えねば!と
カメのペースで準備しております(要は進展あるようでしてない)

そんな私の背中をバシバシ、ドスドス押す雑誌が発売されました。

クラビズム3月号の特集 『 ワークショップで「つくる体験」 』の中の
フィーさん紹介ページで、私のがま口講座も小さく載っちゃいました。


もう後戻りはできませんよ、私。

いや、しませんよ、わらし。

workshop01

年明け某日、クラビズムさんのフィーさん撮影に参加しました。
(画像、またまたフィーさんのサイトからお借りしております)

workshop02

「手を貸してください!」と言われ、ミシンをしているイメージカットに
参加する私・・・背中のデカさに愕然としました(そりゃ歳も取るわ)

「もっと自然に、自然な感じでミシンしてください!!!」と
無茶ぶりされて困っている私の図です。「ミシンを自然にってナニ?!」


がま口のワークショップ、畳世さんでもという話も出ておりますが、
まずはフィーさんでの開催が決まっております。

フィーさんでのワークショップ、

『fog linen work でつくる 小さながま口 ワークショップ』

1028fieflax

3月9日(木) 参加料2800円(飲み物付き)

初めての人も、がま口やってみたけどつまずいちゃった人も、
少人数でがま口作りのコツしっかり教えます。

1ワークショップ2名まで(作業時間およそ120分)
詳しい時間や持ち物などは今から打ち合わせでございます。

決まってないところも確定したらまた告知いたしまーす。